第2話 「特機隊出動せよ」


 特機隊と怪獣による中華街での乱闘騒ぎの翌日、一台のトレーラーが八王子駐屯地に到着した。

 「待たせたな、神沢。」
 「なんか悪いね、岩崎さん。で、例のシステムはどうなの?」
 「心配するな、ちゃんとロックはかけておいた。しかし、いきなり頭ぶっ飛ばされるとは思ってなかったぞ。」
 「俺も想定外だったよ。」
 「悪いが、会社に戻らせてもらうぜ。仕事が待ってるんでな。」
 「がんばってね、んじゃ。」
 格納庫にコンテナを移し終えると、トレーラーはもと来た道へ引き返していった。

 「野郎ども、すぐに作業にかかれ!」
 「了解っ!」
 四駆郎の呼びかけと共に整備員がコンテナに向かって走り出した。

 「おはようございます。」
 「おはようさん。高木、2号機の頭届いたよ。」
 「本当ですか?」
 「今、ヒデさん達が取っ付けてる。」

 アラタはYGの収容されているドックまで走った。見ると整備班がクレーンを使い2号機の頭部の取り付け作業を行っていた。
メガホンからヒデさんの怒声が響いてくる。

 「もうちょい右、右・・・あ~っ!行きすぎだ、ちょいと左に・・・よ~しそこだ!ゆっくり下ろせっ!ゆっくりだ!」
 「副長、取付完了しました!」
 「よし、ロック掛けとけ!起動してポロリはごめんだぞ!」

 整備班のやり取りを見ながらアラタは自分の愛機を見上げた。左側に搭載されているロッドアンテナは2本になっていた。

 「この子、前よりずいぶん男前になったね。」
声の聞こえた方を振り返るとエレン達がこっちに歩いてきた。
 「これ、元々スクラップ送りの予定だったみたいですよ。」
 「マジそれ?」
 「まぁ、簡単に見分けが付くからいいんじゃない?」
そんな他愛の無い話にヒデさんが乱入してくる。
 「ちょいとお宅ら、何変な会話で盛り上がっちゃてんの!整備するこっちの身にもなってよね。」
 「こいつは、今までのワークスを上回る性能を誇る次世代機の一歩手前なんだから。」
 「で、具体的に言うと?」
 「よくぞ聞いてくれました!こいつには・・・」
 「あっ!これ{NE,O,S}搭載してますよ!」
 山崎の嬉しそうな声と同時にヒデさんはズッコケた。
 「{NE,O,S}?なにそれ?」
 「今までのワークスに搭載されてるOSを遥かに超えた次世代型モデルですよ!まさか本物を生で見られるなんて~」
 「そんなにすごいのか?」
 「はい!僕も前にサンプルを見せてもらったんですけど、従来のワークス用OS{M,O,S}よりも動作性が向上してるんですよ。」
 「それだけじゃなく、最新型の学習コンピューターを搭載してるので一度とった動作を完全にマスターすることも出来るんです!」
 「へぇ~。」
 「まぁ、欠点といえば、その学習コンピューターが優秀すぎるぐらいですね。」
 「どういう意味?」
 「つまり、動作を覚えていく過程でパイロットのクセまで覚えちまうってことか。」
 「そういうことです。」
 「それじゃあ、アレックス達はまだ生まれて間もない子供みたいなものかぁ。」
 「正確的に言えば、YGはまだ基本動作しかプログラムされてないコンピューターですよ。」
 「それより、アレックスって何だよ?」
 エレンが指差す方を見上げると、そこに立っていたのは1号機だった。
 「1号機じゃないか。」
 「違うよ、アレックスだよ。ただYGとか1号機って呼ぶのは寂しいじゃん。だからこの子はアレックス。」
まるで自分のおもちゃを自慢する子供のようにエレンはアラタの方を向いた。
 「そうだ、ついでにこの子達も名前付けちゃおっか。」
 「こいつらにか?」
 「じゃあ、この子は・・・」
 エレンは2号機の方を見て、しばらく考え込むと
 「フェンリルとかは?」
 「なんか、悪役っぽいな・・・」
 「じゃあ・・・」
 「・・・ブレイバー・・・」
不思議そうな顔をしてエレンがアラタの顔を覗き込んだ。
 「・・・えーっとだな・・・」
返事に困ったアラタを救うかのようにドックにサイレンが鳴り響いた。
 {警視庁より出動要請!浅草4丁目にて、02発生!YG及び支援車両は直ちに現場に急行せよ!繰り返す・・・}
 ドックの向こう側より卑弥呼が走ってきた。
 「全員、直ちにオフィスに集合!隊長が待っています。」
アラタ達はオフィスに向けて走った・・・

 「ごくろうさん、状況について説明する。」
 「浅草4丁目にある工事現場にて現在、犯人の男が会社の備品であるワークスを一台強奪、そのまま人質を取り籠城中。更に犯人は、慰謝料9千万を支払わない場合は、人質をお台場に沈めると言ってきている。」
 「警察が説得並びに実力行使にでたが、どれも不発。まぁ早い話、警察じゃ無理だから特機隊に任されたってわけ。」
 「全員、直ちに現場に急行せよ!」
 「了解!」
神沢の掛け声と共に隊員達は壁に掛けられているヘルメットや帽子、防護ジャケットなどを身に着け、ドックに走った。
ドックでは四駆郎並びにヒデさんの指示のもと、整備員達が慌ただしく走り回っていた。

 「3号機、弾丸の装填を急げ!装填完了次第、ブローバーマグナムをYGに搭載しろ!」
 「2号機、各部の最終点検が完了次第、キャリアに搭載!」
 「1号機、キャリアに搭載完了しました!」
 「よーし、ロックの確認、怠るなよ!ロックの確認が終わり次第、速やかにキャリアから離れろ!巻き込まれたら煎餅にされるぞ!」
整備の完了したYG達が、キャリアに搭載されていく。隊員達がそれぞれのキャリアに乗り込んでいき、それに続いて神沢と卑弥呼も指揮車に乗り込む。
 「特機隊、これより出動する。各キャリアは指揮車に続け。」
専用ハイウェイに繋がる門が開かれ、指揮車を先頭に3台のキャリアが浅草に向け出発した・・・

 特機隊出動要請一覧
 01・テロ、クーデターなど
 02・ワークス犯罪(大がかりな破壊活動から酔っぱらい運転まで)
 03・怪獣災害、その他

 目的地・浅草
 目的・犯人確保及び人質の救出

 特機隊が現場に到着した頃には、かなりの人だかりが出来ていた。ワークスに殴られたのかあちこちにへこみが出来たメットマンが、売店を下敷きにして横たわっていた。
神沢は指揮車から降りると、現場で指揮をしていた刃型目のほうに歩いて行った。

 「かなり派手にやられたね。」
 「最悪だ。」
 「いっそのこと、えらいさんに頼んで新型機導入してもr・・・」
 「出来るならやっとるわっ!神沢!お前は応援に来たのか!?それともバカにしに来たのか!?どっちなんだ!?」
 「ごめんごめん。で、犯人は?」
 「ここの工事を受け持っている工事会社の社員で、3日前にクビを言い渡されたそうだ。」
 「で、それに腹を立てて会社に復讐ってわけか。となると人質は・・・」
 「社長だ。」
神沢はしばらく考えた後、通信機を手に取り、
 「山崎、あのワークスの機種わかるか?」
 {あれは、硎谷重工製のエレファントですね。パワーはワークスの中じゃトップクラスです。}
 「弱点とかは?」
 {現在、調べています。}
 「OK。しばらく時間稼ぐからその間に頼む。以上、通信終わり。」
 「神沢、何をするつもりだ?」
 「犯人とおしゃべり。」
 「正気か!?」
 「まぁ、見といてよ。」
  メガホンを手に取ると、神沢は犯人の方に歩いて行った。犯人の搭乗したエレファントの右アームには人質になった社長が宙ぶらりん状態で捕まっていた。
 「あーあー、籠城中の犯人に告ぐ。この場は完全に包囲されている。速やかに人質を解放し、おとなしく投降しなさい。」
 エレファントのスピーカーから犯人の濁声が響いてくる。
 {うるせぇ!関係ないやつぁ、ひっこんでろ!俺はなぁ、このクソジジイに安月給でこき使われてよぉ、そいでちょっと溜口聞いただけでクビだぁ!}
 {てめぇら税金ドロボーに俺の気持ちがわかるかってんだぁ!}
 「た、頼む!早く、助けてくれぇ!このままじゃ・・・このままじゃ・・・」
 「もう一度言う、速やかに人質を解放し、おとなしく投降しなさい。これ以上の抵抗は無駄である。」
 {だからうるせぇんだよ!それとも、あーいう風になりたいのかよ?}
 左アームでボコボコにされたメットマンを指差す。
 「それでは、二つの選択肢を出す。そのままおとなしく人質を解放し、投降するか。それとも、翌日の新聞やニュースで全国に醜態をさらすか。好きな方を選びなさい。」
 {てめぇ、ふざけてんのかよっ!コイツのこと殺すぞっ!いいのか!?マジで殺すぞぉぉぉぉぉぉぉぉ!}
 エレファントが乱暴にアームを振り回す。このままでは人質がいつ振り落とされてもおかしくない状況だった。
神沢は、意を決したように通信機を取った。
 「山崎、どうだ?」
 {はい、エレファントはパワーが高い反面、動きの方が鈍いので、YGで後ろに回り込んで取り押さえればすぐです。}
 「わかった。各員に告ぐ。YGをただちに起動。犯人を取り押さえて、人質を救出しろ。」
 {了解!}
神沢の指示のもと、アラタ達がYGに乗り込み、デッキアップが開始された。
 {これより、YGのデッキアップを行います。危険ですのでお近づきの無いようお願いします。繰り返します・・・}
キャリアに同乗していた数人の整備班が誘導灯を手にデッキアップの補助を行う。
多くの群衆が見守る中、3機のYGが人工の大地に降り立った。
 {エレファントの搭乗員に告ぐ!速やかに人質を解放し、おとなしく投降しろ!これ以上の抵抗は無駄だ。}
 {なんだぁ?俺とやろうってのか?おもしれぇ!税金ドロボーなんかに負けるかってんだよぉ!}
エレファントがYGに向かって走ってくる。2号機がこれを避け、後ろに回り込み右アームを抑える。
 「3号機、右腕の関節を狙え。間違っても外さんでよ。」
 {了解!}
速水が照準をエレファントの右アーム関節に合わせトリガーを引くと、ブローバーマグナムの銃口から発射された弾丸が関節を破壊した。
人質となった社長はそのまま、2号機が回収し地面に降ろされた。
 「1号機は直ちに目標の取り押さえろ。」
 {了解!}
 「ただし、力加減を忘れ・・・」
神沢が大事なことを言おうとした時、1号機ことアレックスはすでにエレファントの脚部関節を破壊していたところであった。
 「あちゃぁ~。」
 「1号機、もうやめなさい!犯人は戦意を喪失してるわ!」
 {う、うわあああああぁぁぁぁぁ!助けてくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!殺されるよぉぉぉぉぉぉぉぉ!}
先程の威勢はどこへ行ったのか、犯人の助けを求める声が、昼間の浅草にこだました・・・

 夕方、八王子駐屯地

 アラタ達はテレビにかじりついていた。
{さて続いてですが、昨日、怪獣との戦闘で横浜中華街を半ば壊滅状態に追い込んだ特機隊がなんと今度は浅草で大暴れ!}
「あっ、アレックスだー!うんうん、ちゃんと写ってるねぇ~。」
まるで自分の子を溺愛する親のようなエレンを見てアラタは呆れてため息をついた。
{犯人が抵抗を止めたにも関わらず情け無用と言わんばかりに止めを刺そうとするYGをもう一機のYGが抑え込み事態は何とか・・・}
「あ、そうだところで岡田さん。」
「千博でいいですよ。」
ただ一人事務机で子ガメの世話をしていた強面の男、千博は笑顔で答えた。
「これ、何ガメだ?」
「子供のイシガメですよ。ガラパゴスっていう名前なんです。かわいいでしょ。」
千博が指を動かすとガラパゴスもそれを追う。
「あはは、かわいい。」
「こういうのってなんか癒されるよね~」
エレンと共にガラパゴスを眺めていた岸川マリナがふとつぶやく。
{・・・とこの写真からわかるように3機のうち、1機だけ頭部の形状が違いますが、これはいったい・・・}
{これをご覧ください。これは昨日の横浜での戦いが終了した際に撮影されたものですが、2機のYGのうち、支えられてる1機には頭部が確認されません。}
テレビ画面に2号機の頭部写真がアップされる。
{なお、関係者の話によれば、昨日の戦闘で2号機の頭部が破壊され、廃棄予定だった試作型頭部を応急処置的に取り付けたとのことです。}
{つまり、規格落ち部品ってわけですか。}
{そういうことになるでしょうね。}
アラタはズッコケた。

 メンテナンスドックでは、整備員たちが2号機の頭部を整備しつつ興味深そうにいじっていた。
「すごいよな、これ。」
「規格落ちとはいえ、結構高性能な部品使ってるぜ。」
「副長、これ見てくださいよ。」
整備員の一人が、3号機のバッテリーをチェックしていたヒデさんに声をかける。
「どうしたんだよ、いったい?」
「いいから、これですよ、これ。」
「何だこれ?」
2号機の頭部に設けられているメンテナンスハッチをこじ開けてみると、人間の脳と同じような配置で一つの電子部品が存在していた・・・

{さぁ、わずか2日でここまでやってのけた特機隊!次なる被害者はいったい誰か!?}


 浅草商店街売店3軒損害・3、35900
 ワークス2機大破・6、90000

 今回の被害総額・1,025900円

 続く
[PR]

 第1話「ビギニング・ミッション!」


 神沢は助手席の方で通信機を手に連絡を取り合っていた。

 「こちら神沢、応答願います。どうぞ。」
 {こちら現場、どうぞ}
 「現場の状況はどう?」
 {現在、警察と自衛隊が市民の避難を行っています。ですが、ベイブリッジの方で渋滞が発生してしまって}
 「目標の動きは?」
 {現在、住宅街を破壊しつつ、横浜中華街に向け移動中。このままだと20分後にベイブリッジに到達する模様です!}
 「了解、直ちに部隊のフォーメーションを組み、迎撃態勢に入ります。以上、通信終わり。」

 「各キャリア、応答しろ。」
 {1号キャリア、どうぞ。}
 {2号キャリア、どうぞ。}
 {3号キャリア、どうぞ。}
 「これより、フォーメーションを発表する。3号キャリアは右折して、ベイブリッジ前で待機。」
 {了解!}
 「1号キャリア並びに2号キャリアはそのまま直進して横浜中華街に向かえ。」
 {了解!}
 「俺たちはそのまま3号キャリアに同行する。なぁに、大丈夫さ。お前たちの戦闘はちゃんと衛星通信で送られてくるから。」
 「では、健闘を祈る。」
 4台の車両は二手に分かれた。
 
 
 目的地・横浜中華街
 目的・移動中の怪獣を迎撃

 2台のキャリアが到着した時には、すでに市民の避難が完了したのか、中華街は静まり返っていた。
 「こちら1号キャリア。現場に到着しました。」
 「同じく2号キャリア。現場に到着しました。応答願います。」
 {こちら神沢、了解。1号機並びに2号機は直ちに起動し、迎撃を開始しろ。}
 「了解っ!起動、開始します!」

 アラタとエレンはすぐにエントリーコアに乗り込むと、機体の電源を入れ始めた。
モニターに外の景色が映し出されていくのを目で確認し、合図を送る。

 「デッキアップ、開始!」掛け声と同時に2台のキャリアから巨人がデッキアップを開始した。

 YG・VX-02 ガーディアン
テクノダイス・ジャパンが総力を結集して作り上げた、国安特機隊専用の機体である。
従来のワークスを遥かに上回る性能に加え、ブローバーマグナム、スタンガンロッドなどの専用武器を装備。
ちなみにデザインは、デザイナーの趣味である。

 デッキアップが完了し、機体を固定していたロックが外れると2機のYGは地面に降り立った。前方からは怪獣が迫っているのが見える。

 {両機、直ちに迎撃を開始しろ。発砲を許可する。}
 「了解、迎撃開始します!」
 2機のYGは右足にセットされていたブローバーマグナムを手にし、前方に向けた。
 「発射っ!」
 掛け声と同時に銃口から弾丸が発射・・・されなかった。
 「あれっ?どうなっ・・・」
 アラタがモニターを見ると、そこにはハッキリと{NO BULLET}と表示されていた。
 「うそだろ・・・ちょっ、隊長!これはいったい・・・」
 {あ、ごめん。ロールアウトしたばっかだから、まだ弾入ってなかった。マジでごめん。}
 「それは出撃前に言うべきで・・・うわっ!」

 当然、怪獣がこの会話が終わるのを待ってくれるはずもなく、2号機はもろに突進を喰らい後ろに倒れた。

 この様子をエントリーコア内で見ていたエレンは、
 「ありゃりゃ・・・それじゃ、お先にっ♪」
 迷うことなく怪獣に向かって走っていくと右腕を大きく上げた。
 「どぉぉぉぉりゃぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
怪獣が振り向いたと同時にまずとび蹴りをくらわせ、休むことなく倒れた怪獣を投げ飛ばす。
そのまま、怪獣は中華街に倒れ込んだ。

 「ブイっ!」
 {ブイっ!じゃないっ!周りを見ろっ!}
アラタにどやされて周りを見回すと、中華街は半ば瓦礫の山と化していた。
 「あちゃ~。ちょっとやりすぎたかも・・・」
 「ちょっとじゃないだろっ!」
そんな会話を続けていると、怪獣が瓦礫を払い除けながら立ち上がってきた。
 「なんか、武器とかないのか?」
そう思いながらモニターをチェックしてると、神沢からの通信が入ってきた。
 {あ、そうそう。左腕のシールドに搭載されてるスタンガンロッドは使えるそうだ。}
 「えっと、これか。」
コンソールを操作し、シールドに搭載されているスタンガンロッドを引き抜いた。
怪獣は多少ふらつきながらも、こちらに近づいてくる。
 {どうする?}
 「挟み撃ちをかける。いいな。」
 {オッケイっ!}
 2号機が怪獣の後ろに回り込み、スタンガンロッドで背中に一撃を加える。背骨の折れる音がアラタの耳にも伝わってくる。
続いて1号機がタックルを仕掛け、顎をスタンガンロッドで砕く。
 「よし・・・うわぁ!」
突然エントリーコア内が揺れモニターが砂嵐になり、かと思えばノイズ交じりの映像が映し出された。下を見ると、吹っ飛ばされた2号機の頭部が転がっていた。
 「コイツ、やりやがった!」
頭を失った2号機は前進する怪獣を後ろから押さえつけた。
 {そのまま押さえといて!止めはアタシが刺すから♪}
 「早くやれっ!こっちも長く持ちそうに無いっ!急げ!」
 {ラジャー!}
1号機は怪獣の口にスタンガンロッドを突っ込むと迷うことなくスイッチを押した・・・

 一方、ベイブリッジ

 「だいぶマシになったね。」
 「先ほどよりはですが・・・それより隊長、これを。」
 「ん?」
 卑弥呼に呼ばれてモニターを見ると、そこには、半ば瓦礫と化した中華街と横たわった怪獣、そして頭部を破壊された2号機とそれを支える1号機の姿であった・・・


 特機隊基地では、整備班が2号機の修理に追われていた。
装甲の修復やベアリングの交換は早々に済んだものの、問題は破壊された頭部だった。
 「ヒデ、どうだ?」
四駆郎が頭部の破損具合を調べている{寺山 秀夫}の隣に来る。
 「コイツはぁ、無理ですね。メインカメラの破損が酷いうえに、基盤とかもメチャクチャに破壊されてますから。メーカーに問い合わせて、新品持ってきてもらったほうが・・・」
 「俺とりあえず、岩崎さんに連絡してみるよ。」
 神沢はポケットから携帯を取り出すと、電話をかけ始めた。
 
 「・・・あ、もしもし。岩崎さん?神沢だけどさぁ・・・」
 {おう、どうした?}
 「あのさぁ、YGの頭って、スペアある?」
 {YGの頭?}
 「そうそう。実は早速、2号機の頭取れちゃったんだよねぇ。」
 {なにぃぃ!?いきなりか?}
 「いきなり。」
 {う~ん、まいったなぁ。こうなるとは思ってなかったから、予備の頭部は作ってないんだよな。}
 「ですよね。」
 {・・・いや、待てよ。また後でかける。}

 テクノダイスジャパン・ワークス開発部オフィス

 「園島、スクラップ送りの試作型ヘッド、まだ残ってるか?」
 「えぇ、まだキャリアにも乗せてませんけど、どうかしましたか?」
 「そいつを急いで第6棟に送れ。例のシステムにロックを掛け次第、コンテナに詰めろ。」
 「コンテナに詰めろって、どこに送るんです?」
 「八王子駐屯地だ。」

 アラタは目の前に立っている2号機を見上げた。両隣に並んでいるYGと比べると、頭が取れているせいか少し小さく見える。
 「はぁ・・・」
 「何ため息ついちゃってんの?」
 「うわっ!」
後ろから声を掛けられたので振り返ると、エレンが立っていた。両手には1日1本支給されるエナジードリンクを持っている。
 「まあまあ、初めてにしてはよくやったって、隊長も言ってたよ。はいこれ。」
 「さ、サンキュ。」
 「あ、そうだ。自己紹介まだだったね。アタシ、エレン・東条寺。ドイツのGSG9からココに配属されることになったの。よろしく♪」
 「高木 アラタだ。これからも一緒にやってこうな。」

 「あ、いたいた。」
 神沢が、向こうから歩いてくるのが見えた。
 「二人とも、初出撃でよくやったな。まあ、街もメチャクチャになっちゃったんだけどね。」
 「と、言うわけで、これ今日中にお願いね。」
 と、神沢はまるで子供にプレゼントを渡す親のように、二人に始末書を渡した。
 「最近の若い奴は元気があるね。」
 歩き去っていく神沢の後姿を見送りながら、二人はぎこちない敬礼をした。


 2号機頭部大破・2,80000
 建造物破壊等・3,64500
 
 今回の被害総額・6,44500円

 続く
[PR]
どうも皆さん、しょうやんです。

今回、YG生誕5周年ということで作品を書かせていただくことになりました!
それでは、↓をクリック!

リアルな非日常がやってくる
[PR]
 皆様、大変お待たせいたしました!

 (ブログのパスワード忘れたBAKA・しょうやん)

スターット
[PR]

 どうも、しょうやんです。

 今日はお知らせがあります

お知らせ
[PR]
# by LEGONChu | 2014-04-01 22:15 | 雑記